野球バカが野球のことをささやかに語るブログ。グローブやバット、本などの野球用品も紹介します。 プロ野球もベースボールも草野球も野球ゲームも野球盤も、はたまた野球拳も皆同じ野球です。

2006/081234567891011121314151617181920212223242526272829302006/10

2006/081234567891011121314151617181920212223242526272829302006/10

2006/081234567891011121314151617181920212223242526272829302006/10

2006/081234567891011121314151617181920212223242526272829302006/10

2006/081234567891011121314151617181920212223242526272829302006/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パソコン買って、「習うより慣れろ!」の精神で始めたこのブログ。



大好きな野球だったら、ネタにも困ることはないだろうと思いつつ、半年以上が過ぎました。(←サボりすぎ!)


そしてやっと目標だった100記事達成!パチパチパチ




イチローにしてみれば「俺の半分じゃん!」なんて言われそうですが、正直 私にとっては大変な目標だったのです。




ここまでくるのも大変でしたが、やはりテーマが野球ってこともあり不思議と苦ではありませんでした。



おかげで半年前よりパソコンのスキルは確実に上がりましたし、野球に関する知識も増えました。

知識を伝えるには、中途半端なことは書けないぞ!と図書館にも何度も通いましたし









目標を達成しての率直な感想は


「やっぱり私は野球バカ」



ってことです。自分でも驚くほど野球に関してハングリーなんですよね。


知識を得るため、上手くなるための努力と時間を惜しまない私が、そこに確実にいました。正直これは驚きました。






思えば今年は、野球の当たり年なのかもしれません。


WBCに始まり、盛り上がった甲子園

まだ行われてないですけど、プレーオフや日本シリーズもなんかありそうじゃないですか?
あと、去就、移籍問題なんかも。



個人的には、夢だった野球チームを作ることを達成できたこともうれしいことです。


大好きなメンバーと楽しく野球をやる。



今まで野球をやってきて、こんなに野球を楽しめたのは、初めて野球と出合った頃以来でしょうか?


今はとても純粋に野球をやってます。








やはり野球は楽しいものです。



個人競技にはない苦悩や達成感、そしてなにより仲間がいるということ。




「野球と出会えたことへの恩返し」



これからは、これをモチベーションにがんばりたいと思います。



↑↓多分、死ぬまで野球やってます
→人気blogランキングへ


スポンサーサイト
とある用件で図書館に行ったらこんな本がありました。




落合博満の超野球学〈1〉バッティングの理屈









ソッコー借りました




やっぱ落合監督はすごいです。





しかも意外といい人です(笑)


野球人としては認めてましたが、人間としても好きになりました。




早速  素振りから活かしていこうと思います。



てか、弟子入りできないですかね…落合道場


↑↓応援してください!
→人気blogランキングへ
今日は高校生ドラフトでしたね。



あなたの注目選手はどこが指名しましたか?






最近気になって仕方ないのが、マスコミ方が口々にして聞く

「意中の球団は?」

って質問。




高校まで野球やってんだから、プロ野球も観てるだろうし、好きな球団も当然あると思うんですよ。

憧れの選手や、最近ならメジャーもありえます。



でもそこで、

「意中の球団は○○です」

なんて言ってしまったら、指名しなかった○○にも悪いし、それでも指名してくる球団も悪役になってしまいますよね。




選手も気分悪いだろうし…。




それでも違うチームに入った場合、チームの中には

「ホントは別の球団に行きたかったんだろう」

なんて不協和音も聞こえてきそうです。





まだまだ人間として確立していない高校生に、その発言の先を考える余裕なんてないと思うんですよね。





だから、周りの方がしっかりとサポートして、高野連もマスコミに規制するように注意してほしいものです。
(してるかも知れませんが…)




マスコミも仕事だから仕方ない部分もあるでしょうけど、相手は高校生ですから、自主規制も大切です。





その点、早実の斉藤投手の対応は立派でした。

本人はグッタリしてるみたいですが…


↑↓怪物は楽天行くのかな?
→人気blogランキングへ
今日は私の最も尊敬してやまない選手を紹介したいと思います




前田 智徳 (広島カープ)


前田はバッティングに対する取り組み方からサムライと呼ばれる。


長嶋茂雄落合博満イチロー等も前田を天才と評価する。


また、辛辣な事で知られる豊田泰光に対しても持論を堂々と述べたことが却って豊田の高い評価を得た。

さらには、NHKで野球解説をしていた当時の原辰徳をして試合中、前田の打席の時に「この前田選手とイチロー選手の2人は他の多くの選手と打撃センスの次元が違う」と言わしめた。


松井秀喜は「日本で一番いいバッターかもしれない」とまで言った。

また掛布雅之は1995年の開幕前に「彼にとっては3割3分が最低ノルマ、他の打者と同じ基準で考えたらいけない」と発言(皮肉にも前田がアキレス腱断裂の大怪我を負ったのはこの年であった)。



2005年秋には、中日ドラゴンズの福留孝介も「理想のバッティングは前田選手」と公言している。また、熊本工業高校の後輩である中日の荒木雅博も彼のことを尊敬しているようで、2005年のオールスターに出場した際にはずっと付き添い、前田から打撃や野球哲学について色々とアドバイスを受けた。


先日、広島戦の解説に訪れた星野仙一は、中継の中で「私は彼を初めて見たとき本当に天才だと思いましたね」という発言をしていた。
 


一方で、江川卓や中畑清といった一部のプロ野球解説者に受けが悪い。

両者とも前田の打撃を絶賛はしているが、前田が自分の打撃に満足いかなかった打席に、ふと見せるやる気のないようなしぐさ、そして凡打を打ってしまったとき、一塁まで全力疾走しなかったときなどの場面で両者は前田を痛烈に批判している。


例えば、ある試合で中畑は「子供達だって試合を見に来ているんだから、何事にも全力でプレーすべきでしょう。」と批判したのに対し、当時の実況アナが「前田選手は足に不安を抱えていますからね。」とすかさずフォローしたが、中畑は間髪入れず「だったら、休んで完璧に足を治すまで出場しなければいいんですよ。」と突き放している。

しかし、最近では一塁へのヘッドスライディングを見せるなど、[2]果敢なプレーも目立つ。




このようにプロから高い評価を受ける前田だが、ただその取り組み方や目指す水準の異様なほどの高さが一般人から見ると奇行に見えてしまうようです。

マスコミにもほとんど登場しませんので、実際のとこどうなんだろうとは思ってしまいます。

広島とはいえ注目度は低いですが、前述のようにプロ野球界のスーパースター達が口を揃えて「前田は天才だ!」と言います

天才に認められた天才


やっぱ凄いですね、彼。
打者の醍醐味は遠くへ飛ばすこと。




ならば投手の醍醐味は?






そうスピードです。



では測ってみましょうか?スポーツレーダー スピードガン【ダイナウェブ】


道具を使う打者と違って、身体一つで挑む投手のスピードには限界があるそうなんですが…

筋肉の量と身体のキレは、ある一線を越えると反比例してくるそうです。




現在、日本のプロ野球最速記録保持者は?


↑↓ハマの守護神クルーン
→人気blogランキングへ


私、読書も好きなんです。


とりわけ、野球に関する本は読んでいる方だと思います。



本のリサイクルも普及してきて、多少の時期のずれはありますが読みたかった本が半額以下で読めるのもいいですよね。



そこで最近、気になって仕方ないのがこの本。


野球小僧 2006年 10月号 [雑誌] 野球小僧 2006年 10月号 [雑誌]
(2006/09/09)
白夜書房
この商品の詳細を見る


どちらかといえばマニアックな内容になってますので、素人の方は、うかつに手を出すと怪我をします(笑)



練習方法なんかも掲載してますので、指導者の方にもおススメです。

どうせやるなら努力や根性の前に、理にかなった練習の方が大事ですから。


ライバルはもう読んでるかもしれませんよ…


↑↓読んだらポチっと
→人気blogランキングへ
明日は練習のみです。


練習するためだけにわざわざグランドを借りました。



狙いは「チーム力の底上げ」です。




素人が過半数を占めるチームですんで、主力選手が都合が悪くて参加できない場合は、極端にチーム力が落ちる我がチーム。


まるでどこかのプロ野球球団みたいですよね(笑)




単純にメンバーを増やしたり助っ人を呼べばいいのですが、そうやってダメになっていったチームをいくつも見てきているので、できるならしたくありません。


楽しくやろう!」がコンセプトですんで、チームの和はこわしたくないですもんね。


打ち上げも盛り上がんないだろうし…。









てなわけで練習です。

臨時コーチとして元・甲子園球児(27)を雇いました。




私もどちらかといえば指導にまわる方なので、明日は鬼になりたいと思います。

将来的にやりたい少年野球の監督のシュミレーションも兼ねて、気合を入れたいです。


↑↓野球の基本はキャッチボールから!
→人気blogランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。