野球バカが野球のことをささやかに語るブログ。グローブやバット、本などの野球用品も紹介します。 プロ野球もベースボールも草野球も野球ゲームも野球盤も、はたまた野球拳も皆同じ野球です。

2006/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/02

2006/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/02

2006/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/02

2006/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/02

2006/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・甲子園に”行きたい”と”行く”では大違い

・上の子を伸ばすことより、下の子の底上げをしてやれ

・練習は、あらゆる場面を想定しないと意味がない

・教えるときは、喜怒哀楽をはっきり表に出して指導せよ

・ダメな時はダメと言ってやるのが親切というものだ

・好きな野球ができれば、給料なんかいくらでもいい

・悟りきったやつより、泣き、笑い、叫ぶやつのほうが伸びる

・プライドを持たせれば、放っておいても努力する

・甲子園は最高の卒業式会場









木内語録には、リーダーのヒントが詰っている!



木内流子供の力の引き出し方―「できない子供」はひとりもいない 木内流子供の力の引き出し方―「できない子供」はひとりもいない
木内 幸男 (2003/11)
ゴマブックス
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
今回も調子にのって「野球道場」です






前回の投手編の続きみたいなもんなんですが、スナップの利いた投球のトレーニング方法です



いくつか紹介しますので、自分に合ったトレーニング方法をぜひ取り入れてみてください







バスケットボールにバックスピンをかけてみる



スナップをきかせ、バックスピンをかけ地面に投げる。
上手にバックスピンをかけれると、ボールが自分のとこの返ってくるはずです。



このトレーニングにより、投球に必要なスナップの強化と柔軟性を高め、スピードボールを投げることができます



ポイントは手首のスナップを柔らかく使って、手の平から指先へ
つまり手全体を使ってボールに回転をかけること









4個のゴルフボールを1度に投げる


スナップをきかせるためには、手のひらから指先へ、手全体をつかっていくことが必要になります



そこでゴルフボールを4個手のひら全体で持ち、1度に投げてみる

上手くスナップがきかせれるようになると、4個のボールがきれいに投げれるようになります。










湯船のなかで手をブラブラさせる



湯船の中には水の抵抗があり、温かく筋肉もゆるむので、手首を痛めることなくトレーニングできる。










フリスビーを投げる



投球フォームの要領でフリスビーを投げてみるとわかりますが、スナップがきいていないと上手にまっすぐ飛びません








野球をやる上でリスト(手首)を鍛えることは極めて重要だといわれていますが、その使い方が上手くない選手は多いです。


これはまずスナップを意識した投球フォームで練習してないことと、教えるのも難しいということ。

野球は感覚ですから、技術的な指導にも限界があり、あとは個人でコツを掴むしかないと私は思っています


その感覚やコツを早い段階で掴んでもらうために、私自身も含め指導者のレベルアップも必要です





指導した者が伸びていき結果を出してくれることが、指導者としての醍醐味ですから

 
↑↓いま何位かな?
→人気blogランキングへ
この人はもっと日本で評価されてもいいと思います






シンクロ打法なんて私にとっては革命的な理論でしたから







去年発売された本ですが、今度はメンタルに挑戦してます




心に火をつけるkidsコーチング 投手編 心に火をつけるkidsコーチング 投手編
手塚 一志 (2006/09)
ベースボールマガジン社
この商品の詳細を見る
久しぶりに「野球道場」です



今回は投手のおもしろいトレーニング方法を紹介します








まず用意するのはペットボトル(500ml)



その中に水を1/3ぐらい入れます



人差し指と中指の間にペットボトルの口をひっかけ、投球モーションをイメージして軽く投げます。




実際投げてみるとわかるのですが、始めは底にあった水が腕の振りに合わせて口の方へ移動していくのを感じることができるはずです。


その水が移動しきった瞬間にペットボトルをリリースします







この練習でボールをリリースするときの腕と手首の動きをつかむことができます



スナップの利いた投球のコツもつかめます






ポイントはリリースする瞬間までは手首を曲げた状態にしておくこと









日々のトレーニングの中で飽きさせないことは大事です。


ましてや自主的に練習する場合は、他に誰もいませんので自分に甘えてしまう恐れもあります。

楽しく効率的なトレーニングを実践しましょう。


指導者の方は参考にされてみてはいかがですか?



↑↓ポチッとよろしくです
→人気blogランキングへ
遅くなりましたが、あけましておめでとうございます





正月はぐうたら過ごしたルパンです




スカパーで夏の甲子園のプレイバック集をやってました




去年の話になりますが、甲子園は盛り上がりましたね





あの松坂以来の盛り上がりで、北の怪物やなんとか王子なんてもはや社会現象にまで発展しましたし






個人的にはホームランの多い大会だったんで楽しめました


06夏の甲子園 ~早稲田実業初優勝~ 06夏の甲子園 ~早稲田実業初優勝~
野球 (2007/01/24)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る




↑↓今年もよろしくおねがいします
→人気blogランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。